シークレット・D 

俺のダンディズムの斬新な財布の品質チェックをやってみた!

WS000004

光司
隊長の財布って、前は二つ折りのでしたよね?
隊長
ああ、そうだが、今は長財布だがな。
光司
俺のダンディズムでやっていた品質チェックをやってみましょうよ!!!
スポンサードリンク

二つ折り財布の斬新な品質の見極め方!

隊長
ああ、あれな、凄いことをやっていたな。
光司
ええ、やってみましょうよ。
隊長
そうか、よし、まだ捨てていないからな、探してこよう。

WS000002

隊長の財布は8年使用のコードバン二つ折り財布

隊長
待たせたな、コージくん、これだ。

DSC_0491

光司
若干ピンぼけじゃないですか。
隊長
・・・すまん。
光司
これはどこのブランドなんですか?
隊長
ああ、ソメスサドルと言ってな、北海道のブランドだよ。

光司
へー、北海道にブランドなんてあるんですね。
隊長
正直、日本のトップブランドという感じではないがな。
光司
そうなんですか?
隊長
ああ、ブランドの背景が気に入ったのだよ。
光司
背景ですか?
隊長
馬具メーカーでな、馬の鞍なども作っていて、武豊騎手の鞍もソメスサドルのだそうだ。

光司
へー、隊長は競馬好きですもんね。

>>大人の競馬の楽しみ方?武豊さんに憧れて・・・

隊長
まぁ、そんなところだ、それでソメスサドルというブランドの財布を使っているのだな、これはコードバンの二つ折りの財布だ。
光司
ええ、と、俺のダンディズムにもコードバンは何度か出てきましたね・・・何の革でしたっけ?
隊長
馬だよ、馬のおしりの革!
光司
ああ、そうでした。

WS000003

隊長
ドラマの中では万双のコードバン財布が紹介されていたな。
光司
はい。
隊長
万双はおそらく日本のブランドの中でもトップクラスだと思うぞ!
光司
へー、そうなんですね。
隊長
それでは、やってみるか。
光司
はい!
隊長
一応な、新品ではないしな、8年落ちだがら相当ヘタっていることを前提にな。
光司
はいはい。
隊長
新品と大分色艶が違うだろ?
光司
・・・。
隊長
すまん、言い訳はもういいな、どうだ!

DSC_0477

光司
・・・微妙ですね。
隊長
そ、そうだな。
光司
なんとも言えない歪みがありますね。
隊長
ああ、おそらく歪んでいなければ左右均等ではないか?
光司
うーん、まぁ、そうかも知れませんね。
隊長
八年だからな。

DSC_0478

光司
確かに年季がはいっている財布ですね。
隊長
エイジングだよ。
光司
ははは、良く言えばそうでしたね。
隊長
ああ、マダムが言っていたじゃないか!
光司
そうでしたね、しかし本当に新品の色と違うものですね。
隊長
ああ、そうだな、外側はコードバンで艶が出てくるのだが、内側はベビーバッファローの革で柔らかいのだが、色味も変化もコードバンとは全然違うものだよ。
光司
二種類の革が組み合わさっているものは、経年変化の過程も違うのですね。
隊長
ああ、そのようだな、長く使ってこそ、わかることだな。
光司
なるほど。
隊長
それにコードバンは頑丈が売りだからな、八年使っても品質には全く問題なかったぞ!
光司
それまた凄いですね。
隊長
ああ、流石に擦れる部分は剥げていったがな、糸が切れたり革が敗れたりなどは全くなかったぞ!

DSC_0492

光司
色もいい感じですよね。
隊長
うむ、牛革とは違った雰囲気になるな。コードバン独特の光沢が出てきて味わい深かったなぁ~。
光司
そうでしたか、では今の長財布もコードバンなんですか?
スポンサードリンク

現在の長札入れの財布

隊長
いや、コードバンと迷ったのだがな、ブライドルレザーにしたのだよ。

DSC_0488

光司
これもソメスサドルですか?
隊長
ああ、ブランドは惚れてこそ、だからな。
光司
そういうものですか、ブライドルレザーもドラマに出ていましたよね?

WS000003

隊長
ああ、イギリス原産の牛革だ。
光司
はぁ、何か白いヤツですね。
隊長
そうだ、私の財布も最初はこんな感じだったぞ!
光司
へー。
隊長
今でもあまり手の触れることのない部分は、蜜蝋が浮き出ている。

DSC_0487

光司
あ、本当ですね、少し白いですね。
隊長
ああ、マダムのようにブラシで磨いたことはないがな。
光司
そうですか、ところでこの小さい方のは?
隊長
小銭入れだよ。
光司
えええ、別なんですか?
隊長
ああ、そういうデザインの財布なのだ。
光司
面倒くさそうですね・・・。
隊長
まぁな、慣れないと会計の時に店員さんに迷惑がかかるから、予め財布を準備して、なるべくスマートに済ませたいな。
光司
・・・ああ、ダンディズムとはやせ我慢ですもんね。
隊長
そうだ!我慢も必要なのだよ、ああ、そうだ、小銭入れを選ぶときのポイントがあってな。
光司
はぁ。
隊長
特にブライドルレザーの場合なんだが、蜜蝋の染み込み具合に結構個体差があるのだよ。
光司
そうなんですか?
隊長
ああ、だから新品の状態で、札入れと小銭入れの色みが大分違うことがあるのだよ。
光司
あらら、最初からですか?
隊長
ああ、店員さんが教えてくれたのだ。
光司
へー、いい店員さんですね。
隊長
そうなのだ、その場にあるだけの財布の在庫を全て並べてくれてな、札入れと小銭入れの色みが近いのを、一緒になって選んでくれたのだ。
光司
うわ~凄いですね。
隊長
ああ、そこまでされたら買わずにはいられなくなるぞ!
光司
そうですね、断りにくいです。
隊長
だから通販で購入する場合は、
「なるべく色の近いものを選んでください」
とコメントを添えるといいかもな。
光司
ああ、なるほど、それは勉強になりました。

ブライドルレザーを選んだ理由

光司
でも競馬好きなら何故コードバンを選ばなかったのですか?
隊長
実はな、ブライドルレザーも競馬に縁があるのだよ。
光司
え!?牛革ですよね?
隊長
うむ、だが馬の鞍がブライドルレザーで出来ているのだよ、牛革の中ではかなり強度が強いのが特徴なのだ!
光司
へー、そうなんですか?
隊長
ああ、財布に強度はそれほど必要ではないのだがな、まぁ、気分の問題だな。
光司
色々考えているんですね。
隊長
まーな、でも自由に好きなの財布を選んでいいんだけどな。
光司
そうですよね。

WS000001

光司
あと、何故二つ折りの財布から長財布にしたのですか?
隊長
うむ、正直に言うとな、この本を読んだからだ。

光司
へー、二つ折りの財布だと稼げないのですか?
隊長
まぁ、そんなことはないだろうがな、本の内容をざっくり言うと、「お金を大切に扱いましょう」という話しだ。
光司
はぁ。
隊長
長財布だとお札を折り曲げないで済むからな。
光司
よくわからないです。
隊長
まぁ、機会があれば読んで見るといいぞ、ドラマの中でも美麗ちゃんが言っていたじゃないか?

WS000002

光司
何て言っていたんですか?
隊長
最近の芸人さんは長財布が多い、と。
光司
ええと、桂三枝さんの影響でしたかね。
隊長
ああ、財布の中でお札が窮屈にしていると苦しくて出て行ってしまうぞ!という教えだな。
光司
ありましたね、はいはい。
隊長
まぁ、似たようなニュアンスかもな。
光司
うーん、よくわかりません。
隊長
そうか、それもまた一つの考えだからな、構わんさ。
光司
ただ僕もマジックテープの三つ折り財布なんで、ちょっと財布の購入を考えて見ます。
隊長
そうだな、若い内はそれでもいいが、財布にも色々あるから、たくさん見てお気に入りの財布を見つけてくれ!
光司
はい、そうします。
隊長
うむ、恥ずかしがらずに色々なモノを見ることだな、そうすれば自然と眼力が養われるものだよ。
光司
なるほど。
隊長
本当に詳しくなると、革の見極めまで出来るようになるからな。
光司
へー、そんなところまでわかるんですね。
隊長
ああ、まぁ、そこまでになる必要もないがな、ただ自分の好きな財布については詳しくなったほうが、愛着がもてるから大切に扱うようになるものさ。
光司
そうですね、愛着のもてる財布を見つけてきます!

【関連記事】
俺のダンディズム第七話、財布のあらすじ

俺のダンディズムに登場したその他の財布

ソメスサドルと競馬と武豊の関係


スポンサードリンク