シークレット・D 

ポカリスエットに点滴のような効果が!?アクエリアスじゃダメ!?

WS000000

隊長
いや~人生初の点滴を経験してきたよ。

光司
あらら、大丈夫ですか?
隊長
ああ、たいしたことはないそうだ。
スポンサードリンク

医者から点滴してく?と言われ・・・

光司
風邪ですか?
隊長
うむ、そうだ、少し高熱がでたのでな、内科にいったのだよ。
光司
たいしたことなくて良かったですね。
隊長
ああ、そこで面白かったのが、お医者さんがな、「辛そうだから、点滴していきますか?」と言ってくれてな、それで人生初の点滴をすることになったのだよ。
光司
ええ。
隊長
そこでな、お医者さんが気になることを言っていたのだよ。
光司
なんて言っていたのですか?
隊長
うむ、人生で初めての点滴だと告げると、「まぁ、ポカリといっしょだけどね~」と言うのだよ。
光司
へ?あのポカリスエットですか?

隊長
ああ、あの「ポカリスエット」だ。
光司
えええええ?点滴ってポカリなんですか?

 

 ポカリスエットの開発秘話

隊長
それでな、初めての点滴を受けて不思議だったのが、熱もあって喉が乾いていたのだが、点滴をすると、口の中が潤っていったのだよ。
光司
へー、血管からの点滴でもそうなんですか?
隊長
ああ、驚きだったな、みんながそうなのかはわからないが、喉の渇きが収まったのだよ、そしてな、しばらく点滴中で暇だったから、お医者さんの言葉が気になってポカリスエットについて調べたのだよ。
光司
はい。
隊長
なんとな、驚いたことにポカリスエットは開発時から、商品のコンセプトが「飲む点滴」だったのだよ。
光司
へー、元々からそうなんですか?
隊長
ああ、一般的にはポカリにはスポーツドリンクのイメージがあるよな。
光司
ええ、そうです、というかスポーツドリンクのイメージしかないです。
隊長
もちろんスポーツドリンクとしてもいいのだろうが、スタートが点滴だから成分も非常に点滴に近いそうだ。
光司
へー、そうだったんですね。
隊長
うむ、だからお医者さんが言っていたことは、間違いではなさそうだった。
光司
なるほど・・・。
スポンサードリンク

 ポカリスエットのライバル、アクエリアスは?

隊長
もちろん、直接血管に入れる点滴のほうが、胃から消化されるポカリスエットよりも体内への吸収が早いなど違いはあるがな。
光司
ああ、そっか、そういう違いなんですね。
隊長
そこでな、ライバルのアクエリアスはどうなのか調べてみたらな、アクエリアスはスポーツドリンクとして開発されているから、また意味合いが少し違うようだったぞ!
光司
へー、似たようなものだと思っていましたよ。
隊長
まぁ、似ていると言えば似ているのだが、ポカリスエットは身体の失われた水分補給を目的としていてな、アクエリアスと比べるとナトリウムの量が多く、汗を多くかいた時などに失われがちな塩分を補給しやすいのだそうだ。
光司
へー、そういう違いがあるんですね。
隊長
ああ、アクエリアスはポカリスエットよりもクエン酸やアミノ酸などの疲労回復成分を含んでいるのだよ。
光司
なるほど、スポーツで失われる栄養素に特化していて、目的が違うのですね。
隊長
うむ、正直どちらでも同じような効果はありそうだがな、開発コンセプトが違うのが驚きだったな。
光司
そうですね、僕も驚きました。
隊長
風邪の場合は食欲もなくなるから、炭水化物とブドウ糖が多いポカリスエットのほうが良さそうだったな。
光司
なるほど~、流石点滴ですね。
隊長
アクエリアスはゼロカロリーの商品もあるから、

隊長
普段の生活では、上手く使い分けて飲むことも出来るな。
光司
なるほど、どちらも一長一短があるのですね。
隊長
うむ、身体にいいからとポカリをがぶ飲みだとカロリーが高いだけに太ってしまうかもな。
光司
そうですね、カロリーも気にしないと。
隊長
風邪の時はポカリスエット、普段の疲労回復にはアクエリアスと覚えておくといいな。
光司
はい、よくわかりました。

【関連記事】
栄養ドリンクに効果的な飲み方がある?

豆乳の効果が凄すぎ!飲み過ぎ注意

永作博美の美しさの秘訣は甘酒豆乳


スポンサードリンク