シークレット・D 

超高級傘「ヌレンザ」脅威の撥水力!これぞ日本の職人の匠の技!

WS000002 

光司
また雨が降ってきましたね~。

隊長
そうだな、やっぱり梅雨だな。
光司
あ、さっきのお店に傘を忘れて来ちゃいました。
スポンサードリンク

ビニール傘だし・・・その発想が間違い!

隊長
ははは、よく忘れ物をするな。
光司
そうなんですよね・・・傘は特に多いです。
隊長
梅雨時はどうしてもな、そういうことがあるものだ。
光司
はぁ・・・まぁ、ビニール傘だからいいんですけど。
隊長
あえて高級な傘を持つといいかもしれないぞ!
光司
え?だって忘れたら大変じゃないですか!!!
隊長
それがそうでもないのだよ、というか高級傘だと、不安でとても気をつけるようになる!
光司
ははは、なるほど、そういう意味で忘れないんですね。
隊長
ああ、使う場所を選ぶし、傘立てに入れようなんて思わなくなるぞ!
光司
でも傘用のビニール袋があるお店ってデパートぐらいじゃないですか?
隊長
そうだな、でも水滴が残っていなければそのまま中に持っていけるだろ?
光司
へ?雨が降っていたんですよね、どういうことですか?

脅威の撥水力、日本の技術!福井洋傘の「ヌレンザ」

隊長
水滴が付かない傘があるのだよ
光司
意味がわからないのですが・・・
隊長
言葉の通り、水滴が付かないのだ、これを見てくれ!

WS000003

光司
これが傘なんですか?
隊長
ああ、超高密度のポリエステルを使用していて、水弾きが抜群なのだよ。
光司
へー、こんな傘があるんですね。
隊長
ああ、傘を閉じて一振りすれば、もう水はないのだよ。
光司
うわーカッコイイですね、この傘欲しいです。
隊長
うむ、今までも撥水加工を施している傘はあったのだが、それらは後から撥水コートをしているから、だんだん撥水力が落ちてきてしまうのだよ。
光司
なるほど。
隊長
この傘は繊維の段階から撥水のことを考えられているからな。
光司
この傘、めちゃくちゃ欲しいです。
隊長
私も欲しいのだがな・・・
光司
持っていないんですか?
隊長
ああ、お値段がな。
光司
え?いくらなんですか?
隊長
うむ、「31320円」だ。
光司
・・・それは買えませんね。
隊長
まぁ、いつか自分へのご褒美に買いたいものだな。
光司
そうですね、特別なことがないと買えませんね。
スポンサードリンク

あのレクサスにも認められた?

隊長
さらにな、このヌレンザには伝説があってな、あのレクサスにも認められているのだよ。
光司
レクサスですか?車ですよね、どういうことでしょうか。
隊長
レクサスコレクションというレクサスのショールームでしか購入できない、特別な商品があるのだがな、
光司
へー、そんなものがあったんですか?
隊長
ああ、どこにでもある商品ではなく、厳選された最高峰の商品のみが扱われているんだそうだ。
光司
セレクトショップみたいですね。
隊長
ちょっと違うが・・・まぁ、ヌレンザは日本の技術の最高峰に選ばれたということだよ。
光司
カッコイイです。

WS000004

隊長
車も傘の水滴とは相性が悪いからな。
光司
ああ、確かに車内がベチャベチャになりますもんね。
隊長
そんなときに水滴が無ければ問題ないだろ?
光司
そうですね、本当に最高なんですね。
隊長
ああ、値段も最高だがな。
光司
確かに・・・。
隊長
傘の骨組みも12本というこだわりで、軽さと強度のバランスを取っているな。
光司
なるほど。
隊長
知れば知るほど、このブランドの傘が欲しくなるぞ!
光司
そうですね、いつかはヌレンザですね。
隊長
ああ、「いつかはクラウン」みたいなものだな。
光司
は?なんですか、それ。
隊長
・・・若者は知らんか、昔クラウンは憧れの的だったのだよ。
光司
へー、レクサスじゃないんですね。
隊長
その当時はクラウンが最高峰だったのだ。
光司
なるほど、それで「いつかはクラウン」なんですね。
隊長
現在なら「いつかはレクサス」なんだろうがな。
光司
僕はフェラーリがいいです・・・。
隊長
いつになるんだろうな・・・。
光司
・・・。

【関連記事】
傘の撥水加工を少しだけ復活させる方法

折りたたみ傘の最前線!スマホより軽い!

前原光栄商店とホワイトローズ社


スポンサードリンク