シークレット・D 

俺のダンディズム第八話、傘編!英、伊、独、日本ブランド揃い踏み

WS000001

(阿部寛に似ている・・・)

隊長
コージくん、俺のダンディズムは見たかね?
光司
・・・すいません、見ていません。
隊長
だろうな、何度すすめても見ないもんな。
スポンサードリンク

俺のダンディズム、第八話 傘編

光司
・・・今回は何を買ったんですか?
隊長
ああ、第八話は傘だったよ。
光司
傘ですか?ダンディな傘なんてあるんですかね~。
隊長
うむ、それがあるのだよ、毎度のことイケメン部長のカッコイイ傘に触発されてな、

WS000002

光司
毎回ですね。
隊長
そうだな、お決まりの多いドラマだからな。
光司
しかしダンディな傘ってどういうことですかね。

イギリス、ドイツ、イタリア、それぞれ特徴

隊長
そうだな、今回もマダムMの美幸さんが色々傘の歴史を教えてくれてな、現代の傘の形はイギリスが発祥であり、質実剛健なドイツが機能性を高め、イタリアがデザイン性を向上させたような感じだったな。

光司
まるでクルマみたいですね。
隊長
お!?わかっているね、クルマもドイツは機能、性能がありきで、そこから洗練させていく感じだが、
光司
はい、質実剛健の国ですもんね。
隊長
ああ、イタリアはまずはデザインありきで、そこから機能を求めていく。
光司
ポルシェとフェラーリの関係みたいですね。
隊長
ああ、現在はどちらもカッコよくて凄い性能だがな。
光司
そうですね。
隊長
ただ、最初が違うのだよ、印象的だったのがな、アルファ・ロメオの開発秘話の記事を読んだ時にな、「マフラーの音をいかに気持ちよくさせるか」が大事と語っていたのだよ。
光司
へー、それが目的なんですか!
隊長
ああ、日本やドイツだと排気効率や性能を高めてから、その中でサウンドを選んでいくのだろうが、
光司
なるほど、スタート地点がまるで違いますね。
隊長
うむ、イタリアはまずサウンドありき、そこからサウンドを落とさずに性能を高めていくのだ。
光司
へー、お国柄が出るのですね。
隊長
ああ、イタリアを物語っているような話しだろ?
光司
そうですね。
隊長
どちらも突き詰めていけば、性能、サウンドともに高まっていくのだが、そもそも目指している山が違う、ということだな。
光司
なるほど~。
隊長
少し話がそれてしまったが、車のように傘にもお国柄が見事に現れていたぞ!
スポンサードリンク

主人公、段田一郎が選んだ傘は!?

光司
へー、主人公はどこの国の傘を選んだですか?
隊長
また今回も三択でな、予算は3万円だ!

隊長
一つ目はこれ、イギリスのフォックスアンブレラ

英国王室御用達、30240円

隊長
二つ目は、イタリアのマリアフランチェスコのメープルハンドル

WS000003 お値段、37800円

隊長
三つ目は、日本の前原光栄商店

お値段17280円

隊長
この三つだな、どの傘を選んだと思う。
光司
うーん、見た感じだと日本のですね。
隊長
そうか、皇室関係者も愛用とのことだったな。
光司
へー、皇室御用達ではないのですか?
隊長
日本の場合は英国王室御用達と違って、表示許可を与えられる訳ではないからな。
光司
へー、言ったもんがちですか!?
隊長
うーん、まぁ、一度でも使われれば名乗れてしまうかもな。
光司
そうなんですね。
隊長
ああ、イタリアの傘はどうだ?
光司
カッコイイ傘ですね、やっぱりイタリアはオシャレです。
隊長
そうだろ、このマリアフランチェスコのリンクを見てくれ。
光司
うわ、全部オシャレですね~。
隊長
ああ、流石はイタリアだな、これも見てくれ!

DSC_0477

光司
えーと、これは?
隊長
ああ、本田圭佑さんが特集された番組でな、イタリアのミランの幹部連中の画像だ。
光司
・・・なんか傘の色使いが日本とは全然違いますね。
隊長
そうだろ?日本のお偉いさんが集まっても、こんな色の傘には絶対ならないからな!イタリアは女性だけではなく、男性もやはりオシャレなのだな。
光司
へー、流石ですね、だけど今回のは折りたたみなんですよね、迷うな~。
隊長
そうだな、他のは折りたたみではないからな。
光司
イギリスのもスマートですが、日本のも洗練されていますね。
隊長
うむ、いいところに目をつけたな、骨組みが倍の16本で構成されている傘だ。
光司
なるほど~だからちょっと違った感じで綺麗なんですね。
隊長
そうだな、機能的にも優れているのだぞ!
光司
へー、それでいて値段を考えると・・・今回選んだのは日本の前原光栄商店の傘で!!!

 

隊長
・・・正解だ!
光司
やった。
隊長
また当てたか・・・。
光司
だって、カッコイイじゃないですか。
隊長
そうだな、シンプルなのに機能美に溢れているしな。
光司
はい、イタリアの伊達とは違いますけど。
隊長
うむ、イタリアの感じは中々取り入れるのは難しいからな。
光司
そうですよね、バランスが崩れそうで。
隊長
・・・案外わかっているのだな。

ジローラモのダンディズム講座!

光司
ジローラモさんのダンディズム講座はありましたか?
隊長
ああ、もちろんだ、今回はダンディなパスタの食べ方だったぞ!

光司
ははは、相手の目をそらさないんですね。
隊長
ああ、ダンディラインは今回はなかったな。
光司
そうでしたね。

ついに来週「シャツ、ネクタイ」編が放送!

隊長
そして、ついに来週「シャツ、ネクタイ」編になるそうだ!
光司
へー、隊長は前からシャツについて言ってましたもんね。
隊長
ああ、ここでシャツとはな、しかしネクタイと一緒というのが気になるな。
光司
え?なんでですか?
隊長
うむ、シャツだけでも語るべきところがたくさんありすぎるのだよ。
光司
・・・色ぐらいしかわかりませんが。
隊長
うーん、簡単に思いつくだけでも、シャツの素材、シルエット、ボタン、カラー、袖の形、ポケットの有無など、たくさん歴史や機能やデザインがあるのだ。
光司
へー、シャツだけでも色々あるんですね。
隊長
ああ、ダンディなシャツとなると・・・選択肢があり過ぎるのだよ。
光司
難しいんですね。
隊長
そうなのだよ、白シャツだけでもたくさんあるからな。
光司
白・・・だけでですか?
隊長
ああ、奥が深いのだよ。
光司
はぁ、それでネクタイと一緒なのが不思議なんですね。
隊長
そうだ、ネクタイも世界各国の素材、柄の特徴、締め方など語るべきポイントは多いからな。

今後の展開は?スーツはいつ?

隊長
次回が九話目の放送で、一二話まである予定だから、シャツ、ネクタイの他に、あと三アイテム登場しそうなのだよ。
光司
なるほど、そうですね。
隊長
最終回にスーツを持ってきて・・・完成!となるかもな。
光司
だとしたら、スーツの前にあと二つあるわけですか。
隊長
そうなるな、眼鏡、傘という小物まで紹介しているわけで、あと残っているダンディなアイテムというのが・・・
光司
はい!
隊長
思いつかないのだよ!
光司
あら・・・。
隊長
コージくん、何かあるかね?
光司
うーん、何でしょうね、ネクタイピンとかどうでしょう?
隊長
・・・だとしたら、シャツとネクタイ編を分けて、ネクタイ編にくっつけても良さそうだがな。
光司
なるほど。
隊長
それに、ネクタイピンは、ちょっと最近落ち目なのだ。
光司
へー、そうなんですか?
隊長
ああ、女性からのプレゼントとしては依然として存在しているのだが、あまり押し出している雑誌はないな。
光司
へー時代なんですね。
隊長
これからはわからないがな。
光司
となると、後は・・・。
隊長
ベルト・・・なんてあるかもな。
光司
なるほど、小物ですね。
隊長
ああ、目立つモノではないが、財布や腕時計、眼鏡があったぐらいだし、あとは、ちょっと外して帽子なんてあるかもな。
光司
帽子ですか?サラリーマンは帽子かぶらないと思いますけど。
隊長
そうだな、サラリーマンとしてはないのだが、プライベートで憧れの女子社員、宮本南ちゃんとデートの時用で・・・ないかな~。
光司
どうでしょうね、私服ごとダンディにしてもらわないといけないですし。
隊長
そうだな、私服のまとめてコーディネートなんてのも面白そうだな。
光司
あ、それ僕の意見ですからね!
隊長
わかった、わかった、コージくんの意見だ!
光司
当たったら奢ってくださいよ~!
隊長
当たればな、そういえばこの番組が人気だそうでDVDの発売が決定したそうだ。
光司
おお、凄いですね。

 俺のダンディズム DVD-BOX 

前へ:俺のダンディズム第七話、財布編

次へ:俺のダンディズム第九話、シャツ&ネクタイ編

【関連記事】
放送でカットされた傘ブラントアンブレラ

日本の傘の実力、皇室御用達ブランド

超軽量の折りたたみ傘、五角形デザイン


スポンサードリンク